「郵湧新報」創刊号発刊

《創刊10月2日号 主な記事》

【1面】総合

◎長門日本郵政社長会見 アマゾン戦略に即応

◎住民サービス郵便局に期待 野田聖子総務大臣

【立ち読み記事】野田聖子総務大臣は9月26日の記者会見で、10月2日に発足する『自治体戦略2040構想研究会』について「人口減少により2040年ごろ極めて内政が厳しくなる。今から備えなければならない。おそらく郵便局は大きな役割を担っていただける」と期待を寄せた…

◎「郵便局の重要性増す」 岩田民営化委員長

◎日本郵政株を2次売出 政府保有は5割強に

◎物流拠点WGを設置 ドローン特区千葉市

【立ち読み記事】インターネット通販の伸展などを背景に、宅配の人員不足を改善し、生産性を高めようとドローン(小型無人航空機)の実証実験が進んでいる。政府の国家戦略特区に指定される自治体は他にも存在するが、唯一、内閣府、民間事業者、自治体の3者でドローン宅配分科会を設置する千葉市はこのほど分科会の下に設ける技術検討会のワーキンググループ体制を見直した。新たなWGの一つである「物流拠点WG」はドローン宅配に適する梱包の概念設計と共通化、ピッキングから荷物搭載、倉庫での離陸と着陸等倉庫内システムの構築、非GPS下での飛行制御などを検討する。

◎サッツコマース着実に伸展 円安背景に成長分野

 

【2面】総合

◎個人投資家に重点販売 郵政株民営化初の調整枠

◎みまもりサービス開始! 直営2万局で提供

◎3度目の飛行実証実験 ドローン特区千葉市

 

【3面】政治・行政

 

◎マイナとマイポストが連動 公益性活かす新ビジネス

【立ち読み記事】行政サービスの利便性が一気に高まる政府の「マイナポータル」と日本郵便のデジタルメッセージサービス(電子私書箱=マイポスト)の連動がこのほど始まった。各種証明書や情報について安全性を保ちながら一括伝送するマイポストは自治体だけではなく、多くの民間企業からのニーズも高い。日本郵政グループ中期経営計画でも国内郵便事業における新たな収益源として位置付けられているマイポストは、郵便局の持つ公益性を活かしながら高齢化社会に必要とされる新たなビジネスとして期待されている…

◎社説 問われる支社力

【立ち読み記事】郵政民営化から10年が経過する中で、インターネット社会もますます進み、AI(人口知能)による第4次産業革命も急展開。総体として郵便局の顧客数は減少傾向にある。郵便局を身近な存在と感じることができた世代も高齢化してきた。だからこそ今、日本郵便の横山邦男社長が提唱する〝わくわく郵便局〟になる必要があるのだろう。
 上場企業グループとして株主への責任を果たすために経営陣も相当に悩んでおられると思う。単純な効率化を進めることで解決できるかというと、難しい。
 5年前、収益の上がらない地方の郵便局での隔日営業などが報じられた際に全国の市長、町長、村長、町議会、村議会など公印と署名付きの要望書、陳情書が山のように総務省に届いた。組織的な動きではなく、金融アクセスが急速に失われることを懸念した地方自治体の心底の訴え。郵便局を支えているのはコスト的に見ると都市部かもしれないが、心情的には地方ともいえる現象だった

◎各党が郵政公約 衆院選 支援議員が奔走

【立ち読み記事】安倍晋三首相が衆院解散に踏み切ったことで、10月22日の投開票に向けて改正郵政民営化法を成立させた自民党、民進党、公明党の郵政支援議員は各政党の公約に郵政事業に関する文言を入れようと奔走した。
 自民党の郵便局の利活用を推進する議員連盟(郵活連会長=野田毅衆院議員)は、幹事長の山口俊一衆院議員、事務局長の森山裕衆院議員、次長の柘植芳文参院議員や次長の瀬戸隆一衆院議員などが動いた。
 自民党として「郵便局網を活かして地域との協調・連携を促進し、日本型郵便インフラシステムとの国際展開を支援。ユニバーサルサービスを確保し、資金シフトの状況なども勘案しつつ、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の限度額の更なる引上げを検討する」と掲げた。
 民進党の郵政議員連盟(会長=古川元久衆院議員)は幹事長の難波奨二参院議員や事務局長の奥野総一郎衆院議員が作成。公約に「金融2社の資金は、郵政民営化法の趣旨に沿った持続可能性ある適切な運用を推進する。税制上の措置は、他の事業形態とのバランスも勘案し、ユニバーサルサービス担保などの観点を見据えて検討を進める」などと盛り込んだ。
 公明党は、郵政議員問題懇話会(会長=斉藤鉄夫衆院議員)の斉藤鉄夫衆院議員と事務局長の西田実仁参院議員が協議。公約に「限度額をはじめとする上乗せ規制を撤廃、郵便局ネットワーク維持のための税制上支援などを促進」と記した。

◎総務省 14回目の税制要望

 

【4面】金融

◎かんぽ長寿支援3商品 全国の郵便局で販売開始

◎ゆうちょ投信着実に伸展 バランス型中心に販売

◎つみたてNISA浸透全力で
 (社)投資信託協会 市倉直幸システム業務室長
 「郵便局の投信強化〝ありがたい〟」

◎ゆうちょ銀ATM検索アプリ始動 多言語対応

 

【5面】郵便・物流

 

◎ゆうパック・パケット好調 中経目標達成に近づく

◎[KITTE]メッセージフェスタ開催 3日間で約3万人が来場

◎海外通販事業の販路拡大 日本郵便とサッツの連携

◎ゆうパック料金改定 サービス改善へ

 

【6面】トータル生活サポート

◎一人を大切にするマネジメント 日本郵便人事部の人材育成チーム

◎働き方法案衆院選以降 能力を発揮できる社会へ

◎ニュースフラッシュ

【7面】環境福祉経済

 

◎18年度ESG指標を策定 環境と企業価値検討会

◎生きる!地域と 人と人をつなぐ郵便局 さつまいも作り〝やらんねば〟(新潟市東区)

【8面】国際

◎郵便のドローン配送 先行は独DHL・米アマゾン
 郵便事業のドローン活用
 宅配ドローン実証は13年から


「郵湧新報」を読んでみたいという方はお申込みフォームにご記入いただき、送信をお願いいたします。

「郵湧新報」は毎月2日、年12回の新聞を12月から1部・年間3,000円(税込・送料込)で販売します。