「郵湧新報」第3号発行しました

《12月2日号 主な記事》

【1面 総合】

日本郵政長門社長会見 つみたてNISA 順調な滑り出し
◎ユニバ確保へ制度創設 自民 郵政3事業を維持
◎地方創生で産業界と連携 野田総務大臣
【立ち読み記事】野田聖子総務大臣は11月14日の記者会見 で、地方創生に関して「自治体と産業界の更 なる連携強化を要請する」と強調。同日、女 性活躍、マイナンバーカードの一層の活用とともに経済界と意見交換を行った。「日本最大の危機、少子化や人口減少、持続可能な社会保障制度の構築、活力のある地域経済を効果的に実現するには、 地方の努力が不可欠。 地方のやる気を生み出すことが極めて重要と創生に理解を求めたい」と意欲を示した。…

◎中間純利益が2割増 [中間期決算]日本郵政グループ
◎郵便局の将来像や 限度額も意見書に 岩田民営化委委員長

【2面】総合

日本社会を守る〝礎〟に
 全特地方創生取組発表会
 地域と共に拓く未来 自治体要望に応え、人口増を支援
◆北海道・北海道南空知地区 髙松英樹三 川局長(補助:宮野稔夕張清陵局長)
 「地方公共団体と連携した郵便局の地方創生」
◆東北・青森県西部地区 中村純一内潟局長 (補助:十三裕和北金ヶ沢局長)
 「地域とともに歩む青森 県西部地区会」
◆関東・千葉県東南地区 関裕仁総野局長 (補助:今井暁雄一松局長)
 「私の地方創生活動~地域と 共に歩む~」
◆東京・東京都東京中央南地区 江副郁子目黒碑文谷二局長 (補助:菅原徹東京 ミッドタウン局長)
 「地方の想いに向き合う東京(東京で出来ないことを地方で活かす)」
◆信越・新潟県佐渡地区 渡辺明則小木宿根木局長(補助:岩﨑隆沢根局長)
 「結を繋ぐ島 佐渡」
◆北陸・石川県北加賀地区 小林宏至吉野局長(補助:石山諭三谷局長)
 「『石川県と日本郵便北陸支社との包括連携協定』の具体的項目の実現に向けた取り組み」
◆東海・静岡県東駿河地区 佐野順一猪之頭局長(補助:水村卓人柚野局長)
 「やばいぞ!猪之頭 !俺っちの創生!すべては定住のために」
◆近畿・大阪府 南部地区 巽要輔泉佐野鶴 原局長(補助:森振一郎岸和田岡山局 長)
 「地道な地域活動から地方創生までの道のり」
◆中国・島根県出雲東地区 日野恵美五箇局長(補助:小野克邦大久保局長) 
 「離島からの挑戦~自立への限りない前進~」
◆四国・愛媛県南予地区 清家裕二宇和海局長(補助:岩城健太郎嵐局長)
 「地域未来サポーター」
◆九州・鹿児島県東部地区 湯川寛樹野井倉局長(補助:新川力也野方局長)
 「生きるために~熊本地震災害支援から派生した地方創生~」
◆沖縄・沖縄県先島地区 川島靖史与那国局長(補助:前本充石垣新栄局長) 
 「スポーツで創る地方創生」
◆〈エキシビジョン〉九州・福岡県筑前東 部地区 岩熊慎吾下境局長(補助:藤田 佳男中間局長)
 「郵便局の婚活〝ポスコン〟」

【立ち読み記事】転換期に必要な郵便局の力 菅野典雄飯舘村村長
…次世代が住む日本 を安全なものにして バトンタッチする責 任が我々にあると時代の転換期に気づく きっかけに原発事故 はなった。安心な暮 らしの国づくりに向け、全国を網羅する 郵便局の役割は非常 に大きい。地域に力 添えをいただきたい。

【3面 政治・行政】

◎自民 ユニバコストを国が支援 委託手数料から交付金
◎超党派での議論も必要 民進の大塚代表
◎政府 マイナポータル 情報連携本格運用
◎【社説】人の温もりの価値
◎クイーンズ駅伝 女子陸上部4位
◎小沢副執行委員長を選出 JP労組組織内候補予定

 

【4面 金融】

◎勢いづく投信、運用で成果[中間期決算]ゆうちょ銀行
◎第3分野が伸展 増益を確保[中間期決算]かんぽ生命
◎「mijica(ミヂカ)」が一層身近に
 ゆうちょプリカが新機能 全国で web申込開始へ
◎金融庁 オープンAPIの制度設計 スマホ決済の安全確保

 

【5面 郵便・物流】

◎ゆうパック・ゆうパケット好調[中間期決算]日本郵便
◎はこぽすで書留も
◎ドローン実験 郵便局発の買い物支援 国交省 来春に再挑戦

 

【6面 トータル生活サポート】

◎30年のつながりを再認識 絆深め合う年賀状
◎新たなエコマネー始まる マイナンバーがポイント 
 豊島区が実証実験
【立ち読み記事】地域社会で環境、介護、福祉、コミュニティーなど互恵のシステ ム構築の媒介となるエコマネー(地域通貨)が、時代の流れに即した新たな形で始まった…

◎関東支社  空きスペースで初の物産展
◎消費者庁 見守り ネットの構築急ぐ
◎日本郵便 観光ゆう パック

 

【7面 環境福祉経済】

◎企業価値に中長期の視点を 環境省検討会 人的資本も重要
◎【生きる!地域と】
 市のキャラクター 手紙文化で全国に ふるさと納税オリジナル年賀
 大阪府南部地区会泉佐野鶴原郵便局 巽局長

 

【8面 国際】

◎配達員の事故減目指す USPS郵便自動化2025年
【立ち読み記事】運転手なしで走る配 達車が道路沿いの郵便受けから郵便受けへと ゆっくり移動していく。そんな風景が米国 で現実のものとなりつ つある…

◎各国の郵便局における小売販売
 英国/オーストラリア/ドイツ/イタリア


「郵湧新報」を読んでみたいという方はお申込みフォームにご記入いただき、送信をお願いいたします。

「郵湧新報」は毎月2日、年12回の新聞を12月から1部・年間3,000円(税込・送料込)で販売します。