【立ち読み記事】高校生の金融教育も開始へ

◎金融庁・政府
高校生の金融教育も開始へ
つみたてNISA若年に浸透


…学習指導要領の改訂については、「公民」の指導要領の下線部分に「金融経済活動の活性化」と記される。「家庭科」の指導要領には「生涯を見通したライフステージの重要性」「自らのライフプランを考えることができる家計管理を教える」方針が盛り込まれる。現在、金融庁は教科書会社とコミュニケーションを図っているが、受験科目に入っていないだけに各々教師の裁量によっては取り残される可能性もある。このため、金融庁は「先生方の意識変革のために、教職課程の履修者向けの金融リテラシー向上策も検討中。生きていく上で不可欠で、より重要性が増す金融教育の出張授業拡充も行っていく」と説明する。

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

「【立ち読み記事】高校生の金融教育も開始へ」への1件のフィードバック

  1. 郵便局でも似たような課外活動は、されていると思います。
    こうした活動の中で、若い世代の人にも郵便局のすばらしさや
    生活面で密接に関わっていることを知ってもらう取り組みを
    金融庁等と連携し、活動をしてもらいたいです。

    特に、ゆうちょ関係で言えば、積立NISAやIDECOがあるので
    商品PRもかねて、若い世代に知ってもらいです。

    また、職場体験の活動(郵便局の内務勤務、郵便局の区分)を
    小さい子供達にも経験してもらうことで、郵便局の存在が身近に
    感じると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください