郵湧新報(2019年7月4日号)好評発売中


郵湧新報(2019年7月4日号)は好評発売中です!

【電子版】も発売中です。


トップニュース

◎”支え合う地域〟へ新法浮上
共生時代、地域の核に郵便局が


◎いざ出陣!柘植候補


◎真のお客さま本位のグループへ
長門日本郵政社長会見
〝OKIPPA〟1万数千販売
周知無料キャンペーン


◎マイポストの時代来る


◎広域包括連携基づく初の物産展
北陸富山東部3市2町商が主催
日本郵便協力でKITTEで開催

トップインタビュー

◎山本利郎全特会長インタビュー
原点は〝縁の下の力持ち〟
ユニバコストの議論必要
全ローカウンターの窓口局も

政治

◎野田聖子衆議院議員インタビュー
忘れないで一丁目一番地
成長戦略の行方は
女性の眼活かしニーズ汲み取って
同郷の柘植兄


◎自民公約に郵政の発展

株主総会

◎日本郵政株主総会
郵便局ネットワークは基幹なす資産
存在価値高める取組み強化へ


◎ゆうちょ銀行株主総会
役務取引は1000億円超
人いる拠点で〝資産形成〟
『やっぱり、ゆうちょ』と言われることを、もっと。


◎かんぽ生命株主総会
青壮年層の新契約5割
初の中間配当実施へ
「お客さまから選ばれる真に日本一の保険会社」を目指して

金融・トータル生活サポート

税手続きや登記もマイナポータル
My Postで
企業が欲する民間送達サービス


◎地域経済活性化に貢献
ゆうちょ銀行 20件目の出資


◎ゆうちょPay コンビニデビュー
ミニストップ


◎ニュースフラッシュ
☆日本郵政G エンプロイヤーブランド・リサーチで1位
☆はがきコミュニケ―ション全国大会作品募集
☆ゆうちょアイデア貯金箱コンクール作品募集
☆1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭今月28日世田谷区駒沢オリンピック公園総合運動場
☆東北支社×大仙市みまもりサービスふるさと納税返礼品に☆東京支社・南関東支社ケンタッキーと「ギフト付かもめ~る」
☆ヤマト運輸メチャカリと返却時利便目的に配送連携
☆一時払い終身生活介護保険取扱い金融機関9行に。


◎社説
今こそ一歩もひかない〝ご案内〟を


立ち読み記事 
ある局長は「僕らのやるべきことは、お客さまに正しい商品を〝ご案内〟して選んでいただき、幸せになってもらうこと。実践してその流れを作るエリアはたくさんある。結果、売り上げが伸びる。しかし、売り上げ至上主義で係数管理ばかり気にするエリアもがある。だから今回のような事態が発生してしまう。営業優績者はその〝ご案内〟がうまい。売り付けたりはしていない」と話した。
 「今、引いてしまえば営業改革は遅れる。一連の報道を気にしてお客さまへの声掛けを減らすのは間違い。ただし、声掛けは積極的な売り上げを目指すものでなく、積極的な〝ご案内〟を目指すべき」とも強調する。
 また、ある局長は「これだけの規模の郵便局を維持するためには健全な営業は必要。それは何かといえば、お客さまのニーズに合った営業。今回の問題を郵便局の営業全てが不適切ととらえてしまっては郵便局自体をつぶすことになり、結局、地方の衰退に拍車をかけることになりかねない」と指摘する。

郵便・物流

◎UPUが2年連続臨時会合
小型包装物増で到着料率を議論


◎民営化委 トールシティへ
店舗持つ強みも理解


◎過疎ドローン検討会が中間報告
買物弱者問題など解決を検討


◎UGX中国制度変更に対応
行郵税通関配送新サービスを開始


◎日本郵便×JP東日本
物流トライアル第2弾
長野の〝新鮮あんず〟東京で即売


◎訪日観光を楽しく、安全に
日本郵便と日本郵政スタッフ

行政

◎石田総務大臣
統一JPQR普及に意欲


◎片山地方創生担当大臣
関係人口増や移住者向け支援も


◎石井国土交通大臣
観光ビジョンプログラム決定


◎なるほど!交付金・拠出金制度

生涯現役

◎厳しい岐路に立ち向かおう
瑞宝双光章を2人が受賞
関東OB会上期総会


◎多年の郵政等功績を称え
通信文化協会


◎生涯郵政の応援団
退職者共助会

地方創生

◎生きる!地域と
大阪発 財政再建へ官民の知恵


◎広域包括連携協定 富山発


◎存在価値高める郵便局へ
出品者の販売も開始


◎班の好取組情報共有
中国支社


◎行政事務拡大へ
北海道支社

地域創生

◎生活動線に即し新築移転
複合商業施設へ笠岡富岡局


◎佐藤全簡連理事インタビュー


◎働き方改革貯金業務が初の研修会
知らないではすまされない
熊本県簡易局連合会女性部

国際

◎米中貿易戦争で米国物流倉庫の需要が低下

健康

◎元気で健康大作戦!⑥
真夏の夜の夢


「郵湧新報」を読んでみたいという方はお申込みフォームにご記入いただき、送信をお願いいたします。【電子版】も発売中です。

「郵湧新報」は毎月第1木曜日(年12回発行)、1部・年間3,000円(税込・送料込)で販売します。