郵湧新報2020年5月号は好評発売中です


郵湧新報(2020年5月7日号)は好評発売中です!

【電子版】も発売中です。

【お詫び】

5月号8面のグラノード広島局の記事中、中井則之広呉地区統括局長は間違いで、正しくは向井則之広島呉地区統括局長になります。
また、6面のかんぽ生命運用方針の記事中、コロナ終息は間違いで、正しくは
コロナ収束です。また、5月号記事中、沖縄地方会の山口邦博局長は先島地区会副会長は間違えで、監事です。
それぞれ深くお詫びし、訂正させていただきます。

トップニュース

◎増田日本郵政社長会見
小口貸付窓口を郵便局も
配送現場熟知の強み戦略に
使命を果たし、社員を守る


◎〝道の駅〟に郵便局 コンサルティング型
〝地域と歩む〟郵便局舎に
配置だけでなく最適な形へ


◎新型コロナ緊急経済対策
非接触宅配へ転換
政府 冷蔵置き配も視野


◎高まる〝フリマニーズ〟
日本郵便 受取・差出両輪で対応


◎窓口感染留意し、業務遂行

環境福祉経済・SDGs

◎UNEP FI 末吉竹次郎特別顧問
インタビュー
人と地域起点の経済に転換


◎郵便局 生活者の困りごと聞く
信頼回復へ一歩一歩


◎環境保全13団体に寄附
ゆうちょ銀行

政治・行政

◎政治家インタビュー
〇自見はなこ参議院議員
郵便局の〝きめ細やかさ〟に期待
〇奥野総一郎衆議院議員
半公共としての存在価値を


◎国会質疑 
〇徳茂雅之参議院議員
地方自治の確立こそ地方創生


◎大臣会見
〇高市総務大臣
マイナンバーカード本人確認に活用
〇北村地方創生大臣
コロナ対策に地方創生臨時交付金
〇小泉環境大臣
再生エネ調達企業を後押し
〇赤羽国土交通大臣
トラックドライバーに適正な運賃を
〇武田防災大臣
自然災害危機管理も強化

金融・トータル生活サポート

◎キャッシュレス、中小が急拡大
ゆうちょPay使える店舗を地域に


◎かんぽ生命運用方針
オルタナティブに直接投資
ESGを社債まで拡大


◎かんぽ生命
新型コロナも死亡保険倍額


◎元気で長生き大作戦⑩
やっぱり!なるほど!ラジオ体操

郵便・物流

◎進む置き配検討
経産省×国交省


◎買物弱者支援に焦点
自治体のドローン研究


◎覆面インタビュー
カツカツの配達現場


◎かもめ~るで〝心〟をホッとに


◎青い鳥郵便葉書

地方創生・地域創生

◎市町村包括連携
北海道100%、中国4割超
東北は1カ月で10市町村と


◎続・郵便局ネットワークの将来像(上)
自治体と関わり深きマイナンバーカード


◎生きる!地域と 北海道 仁木局
〝待たせてもらってもいい?〟
バス停を待合所に
地域の「ホッとステーション」


◎「麒麟がくる」舞台周辺局長が奮闘
東海や近畿


◎ふるさとならではのフレーム切手
「笑い文字」や「花嫁」


◎全簡連理事インタビュー
清水栄之青年部長(彦根小泉簡易局長)

信頼回復

◎JP改革実行委員会
抜本改革の意識、全社員共有を

国際

◎UPU大会合も延期


◎コロナショック
米郵政公社が営業停止の可能性


◎コロナ禍の欧州 藤末健三参議院議員


◎国際郵便一時停止国・地域拡がる


「郵湧新報」を読んでみたいという方はお申込みフォームにご記入いただき、送信をお願いいたします。【電子版】も発売中です。

「郵湧新報」は毎月第1木曜日(年12回発行)、1部・年間3,600円(税別・送料込)で販売します。

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください